そこにはヅラ猫にぴったりのスペースがあったそうな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日から今日にかけてこちらは天気がすぐれません。

大五郎は雨が降るとなんだかソワソワ心が落ち着かなくなります。

あっち行ったり、こっちに行ったり『マォー』と鳴いてみたり…。

そんなこんなで、ガサゴソと音が聞こえる方へ目線を送ると

大五郎が落ち着いた先は『ダンボール箱。』

1 『かーちゃんに気づかれた!』ってな感じの表情

しかも大五郎のご飯をストックしてあるダンボールの隙間にひょっこり入っていました。

自分ではバレないようにこっそり入ったつもりが、意外に早く気づかれてちょっと驚いている様子だね。

2 狭くないのかい?

3 袋に穴開けないでね。

狭くても居心地が良かったのか、

4 何故かイケメン顏でキメる大五郎。

ダンボールの角にもたれかかってイイ感じ~♪

5 まったりモード。

ここが大五郎にとって新たなお気に入りのスポットだったとしても

真夜中に二つの光が見えた時にはさすがに『お化けっ。』だと思って

父ちゃんビックリしていたよ!!

6 大五郎目線で何を見つめているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*